サマーコンサート2011

こんにちは(^-^)/
チェロ講師のぎっさんでーす。


もうすぐ秋かねぇ…と思いきやまだ夏さえ始まったところ…

毎日暑いですね!


さて久々にコンサートのお話♪

先日サマーコンサートがありました
プログラムは

♪グリンカ:「ルスランとリュドミラ」序曲 
♪リスト:ピアノ協奏曲 第2番 イ長調 
♪パジェ:「たなばた」女声合唱とオーケストラによる 
♪シベリウス:悲しきワルツ 作品44 
♪オッフェンバック:パリのにぎわい 



グリンカはのだめちゃんでも出てきた有名な曲です♪

このルスランとリュドミュラという話は、
「キエフ大公国のスヴェトザーリ大公の娘・リュドミラ姫と騎士・ルスランの婚礼の宴席の途中、魔術師・チェルノモールが現われ、リュドミラをさらっていく。大公は、ルスラン、およびその場にいた若者ら(やはり姫に恋している)に、娘を無事に取り戻した者に娘を与えると宣言する。そのため、ルスランを含む若者3人(元の物語では4人)が助けに行く。最終的に、3人のうちのルスランが、魔術や誘惑、他の若者の妨害などを切りぬけ、娘を連れて帰り、2人は無事に結ばれる」という内容のオペラです。




序曲速い!!でもチェロの見せ場がキレイ♪



リスト(ピアノ協奏曲)はほんとにソリスト尊敬です!指どうなってんの?!
この曲はめちゃくちゃチェロのソロが出てきます!ソロは何年も苦楽を共にしている相棒が弾きました♪♪横で座ってるだけで、緊張しました笑



悲しきワルツもめっちゃきれいです♪♪


私は後半3曲でトップをさせて頂きましたが、
たなばたは演奏されるのが初めて&変拍子やらずっと同じことをひいていたりなので、最初は落ちないことに必死でした…

(あ、入り損ねたり、どこを弾いてるかわからなくなることを落ちるっていってます)




リハが長い日はコンタクトの乾燥との勝負でしたね!




オッフェンの天国と地獄の部分♪
ここでは合唱はなしでした。あとテンポも3割増笑




オッフェンバックは楽しい曲ですが、意外とやってることは忙しくて、すぐ顔が恐くなる!笑
本番はテンションもあげつつなるべく冷静に弾くように心がけました。

まぁどんちゃん騒ぎで終わって雑な面もあったけど、楽しかったからよし!
次の日も同じホールで、同じプログラムのコンサートをしたのですが、最後はなんか爆笑してました笑






今回は練習時間もあまり取れなかったけど、個人的に冷静に弾けた本番ではないかと思います~

この感覚を忘れずに次の本番にいかしたいと思います♪♪


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント